ナジームハメド 戦績。 ナジーム・ハメドは本当に強いのか?プロ戦績:37戦36勝32KO1敗とてつ...

エピソード [ ]• この試合後、 「やっぱりハメドは強くなかった」という声も聞きましたが、普通に強いと思います。 ボクシングニュース「Box-on! バレラは試合まで数日という頃、『』の取材に対し、「こういうことが公になったからには、もう誰も私を "Baby Face Assassin"(童顔の暗殺者)と呼ばないかもしれない。 ナジーム・ハメド• プロボクシング戦績:75戦67勝44KO• 上に述べたように既にハメドは 動きがパターン化してしまっていましたから、基本的に「待ち」 のボクサーですし、あんなふうに逆に待たれると自分からは 崩せない。 その原因は、ハメドが「まともなトレーナーなら、絶対に教えないボクシング」をプロのリング上で実践し、対戦相手を次々とKOで打ち倒したからだと思います。 1回に偶然のバッティングでカットするなどして、5回2分36秒負傷判定負けを喫した。
10月22日、に判定勝ちし、WBC世界フェザー級王座を獲得 彼と戦うまでは全勝だったので、期待しながら見ていると、かなり力の差を感じたといいますか、トリッキーな動きがまるで通用していませんでした
かといってディフェンス偏重なわけでもなく、スウェーバックしながらカウンターパンチを繰り出したり、バックステップしながらパンチを出す等、通常の選手であれば体重を乗せられず手打ちになってしまうようなパンチを放ち、なおかつそれで相手選手を平気でKOしてしまう もし世界が平和なら、もっとハメドの試合を観ることができたかもしれません
敵地の重圧をものともせず初回TKO勝ちで 区切りの50戦目で初防衛に成功した 名トレーナー 『エマニエル・スチュワート』は「 PFPで考えたらレノックスルイスより強い」とも発言していますから拳がダメになるのも分かります
スポンサーリンク 彼が唯一負けた試合がこちらです ペンタコンチネンタル王座(防衛1)• 2月8日、に8RTKO勝ちし、世界フェザー級王座を獲得
5月11日、に判定勝ちし、欧州王座を獲得 昔ですが以前テレビでやってました
来歴 [ ] ので人の両親のもとに生まれる ・派手な入場や、異常なまでの変則スタイルで人気を博したが、派手さの反面、 熱心なイスラム教徒で、リング上ではいつもイスラム教の神に祈りを捧げていた
この後に転級 第7代世界スーパーバンタム級王座(防衛8)• プロボクサー [ ] キャリア初期 [ ] 11月22日、15歳という若さでプロデビュー
居たとしたら、痛すぎます それ以来、各地で検査を受けたが異常がないまま16試合を戦い、このパッキャオ戦でもテキサス州の検査を受け、試合出場を認められていた
30

・異名は「プリンス」。

それを軟体動物のように柔軟なウィービングでかわした後、突然足のステップとは関係ないタイミングで、体ごと相手に飛びかかっていくようなブローをお見舞いしてKOする試合が多く見られる。

彼の事を知らないプロボクサーはまずいません。

でも質問者さんの上げておられるその他のボクサーが「待ち」 に出ることはまずなく、意地でも打ち合いに行ったと思います。

IBF王座は2度防衛後の1997年9月に返上。

オリンピックの金メダリスト、デラホーヤが「優等生ボクサー」なら、ハメドは「悪童ボクサー」。