魔王 を 倒 した が 彼 が 自分 の 仲間 に 裏切ら れ た。 『漆黒使いの最強勇者 〜仲間全員に裏切られたので最強の魔物と組みます〜』の詳細

また、契約を結ぶ理由を「1人でやるよりも、もっと充実した素晴らしい復讐ができそうだから」と説明している。

だが、グレヴィルはマティアスの前世では、国民に慕われる有能な国王で…! 魔界でハグレ悪魔として暮らしていたところを「遊び相手」という名目でサタンにスカウトされ、魔王軍の一員となった 異世界召喚のための生贄になった者達の最期の映像から失踪事件の被害者は異世界に転移したと考え、「彼らの私物を集めたり、彼らの血縁者や友人、知り合いを殺して得点を稼げば異世界に旅立てる」という思想を持っている
中央大陸攻略後は人間社会のあり方を研究しており、四方大陸制覇に関しては腹心たちに一任したため、一部で過剰な破壊・略奪行為を許してしまう結果となった 弓の腕前が高く、一度目の世界では「暴れ弓のレオーネ」とも呼ばれていた
その後、恵美と芦屋の救助のために鈴乃と共にエンテ・イスラに旅立つがアシエスが持つ聖法気と自身の魔力の反作用により悪魔の姿に戻れず、アシエスとの融合不全という状況に陥いってしまう そんな彼女の前に、一匹の傷ついた魔物が現れて……
琴音からどれだけの慰めをもらったのかを言葉では表現しきれないです 魔王&アルシエルと勇者エミリアが初めて出会った場所であり、8巻以降エンテ・イスラ編での重要な舞台となる
性格は素直で聞き分けが良く、人見知りをしないが、最初の出会い方からエメラダを苦手としている 実年齢は不明だが、遥か悠久の時を生きており 、サリエル曰く「第一世代の天使に間違いなく、ガブリエルが生まれた時には堕天した後らしいが第二世代の紫の瞳をしており、古参の大天使に聞かない限り彼については知らない部分が多い」など、謎の部分が多い
佐々木 由美子(ささき ゆみこ) 千穂の伯母で万治の妻 鈴乃・ルーマックとともに背教審理にかけられていたエメラダを救い出し、蒼天蓋にてオルバの身柄を拘束することに成功した
74

ゲプラーの化身であるイルオーンを完全支配下に置いていると周囲に語っていたが、蒼天蓋の決戦ではイルオーンは彼に味方せず、行方を眩ませた。

二度目の世界では、最終的に兄の謀殺をレティシアに見破られて追い詰められた末、生き残ろうと媚びるも一蹴され、妹の手で首と胴を切り離され、胴を燃やされながら死ぬ末路を辿る。

デュラハン弐号をサービス販売してくれたり、銀シャリを引き取ったりと、真奥と懇意にしている。

しかし魔法理論が退化した未来では、望んだ紋章は「失格紋」と呼ばれ蔑まれていた。

卒業後は、ケリルと結婚式を挙げる予定を立てている。

身長は低めだが、バストサイズが非常にふくよかで、恵美や鈴乃からは羨望と嫉妬の眼差しを受けることが多い。

魔族に対してたびたび脅迫まがいの言葉を発するため、魔王城の面々からは「勇者らしくない」と評される。

配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。

二度目の世界では召喚直後、理由もわからぬまま海人から暴行を受け、その身に切り傷で復讐宣言を刻まれてメッセージボード代わりにされる。

70