ビギナギナ ガンオン。 ガンオン攻略 : ビギナ・ギナⅡ(木星決戦仕様)の評価とステータス

しかし出は早くないため、気持ち早めに出すといい。 劇中での活躍 『機動戦士ガンダムF91』冒頭でコロニーに潜入する機体が登場。 自然とまたディスプレイを見たくなるんでしょう・・・。 偵察機をベースとしながらもその基本性能は高く、特に機動力に関しては、シェルフ・ノズルの発展形であるフィン・ノズル(独立可動するスラスター群)を背部に八基搭載している事からデナン・タイプやベルガ・タイプとは一線を画する。 そこに味方からの追撃、連携を組み合わせることで撃破を狙うのが主なスタイル。 また、制御系にはバイオコンピュータを導入。
27
フロンティアIにおいて地球連邦軍に寝返ったのダギ・イルスと交戦して撃破するも、左肩を損傷したため修理に入るのを最後に登場しない またラフレシアで用いられていたバグのコントロールシステムも搭載されている
ビームランチャー(鹵獲品) 概要 の高級士官用高機動試作型 一般機のほか、黒と紫を基調としたブラックバンガードのザビーネ・シャル専用機が存在する
またビギナはCSよりも各距離に適した武装を備えているため、自然と存在を忘れてしまいがちでもある 並みのMSをはるかに上回る情報処理能力をもち、単純比較で通常のMS(デナン・ゾンクラス)5、6機分の領域捜索が可能とされる
劇中での活躍 映画全般では黒の戦隊(ブラックバンガード)であるザビーネ・シャルの愛機として登場 しかしウィングノズルユニットは無事だった為、ギリはシンヴァツへのを決断
劇中ではラフレシアとの交戦時に携行しており、それ以前には装備していない 優秀な試験結果を残したことから、デナン・ゾンやベルガ・ダラスといった必要な機能を選定した機体が開発される
この解釈は関連書籍でも別れており、ラフレシアのコクピット前に残ったF91の残像に対しテンタクラー・ロッドが攻撃を行い、ラフレシアのコクピットを撃ち抜いたものとした資料 がみられる 索敵レーダーに影響を与えるビーム・シールドは装備せず実体式シールドを携行する
98