狭山 事件 真犯人。 『狭山事件』の真相と謎。石川一雄の現在や真犯人とは?

A 呆れて物も言えないようなしょうもない文章で読んだ自分が可哀そうになる。

彼女がお金持ちのお嬢さんだから、成績優秀?(成績については分かりませんが)、美人?(写真を見る限りは普通の子ですけど)、色恋関係による怨恨?それらが仮に理由でも彼女の同級生が強姦殺人に至るのは可能かもしれませんが非常に難しいです この要因も経営していた飲食店が経営難になっていたということになっていますが、真相は分かりません
ちなみに、被害者宅の兄弟の名前は、次男まで(長女、長男、次女、三女、次男の5人)は共通する文字が使われているのに、(四女)と末弟(三男)だけ全く系統の違う名前がつけられています 長兄説の根拠は他にもいくつかあります
3月には19人の社員が譴責などの処分を受け、6月には暴力事件で社側が告訴する事態に発展した 特にの目撃通報者の自殺については、亀井トムにより「自殺を偽装した謀略殺人」との説が唱えられたこともあるが 、後には石川冤罪論者の半沢英一からも「この亀井トムさんの説は、根拠とする事実の認定からして間違っていました
新山手病院という病院はあります 強姦の前科あり)
特に長男は中学時代学年トップの秀才だったにもかかわらず「百姓に学問はいらない」という父親の考えで大学に行かせてもらえなかったという話があります また「解同」はこの事件自体があたかも「部落解放運動」への弾圧事件だったかのようにみせかけている
(略)一雄も世間を知らなさすぎたけど、先生たちは一雄を一般のひとと同じように扱っちゃうんですね」 と語っている ただし、処女膜の亀裂はスポーツ等によって生じた可能性もあり、事件前における性体験の有無は不明であった
金につまると新宿の血液銀行で一度に人の二倍ほどの血を売り、その金を競輪に使っていたこともある からにかけて女子工員とトラブルになり、最終的には会社の製品を無断で持ち出したことが発覚してに懲戒解雇となった あるいは、被害者はなぜ殺されなければならなかったのか
長兄説などの色々な説に囚われず、焦らず、そこから犯人像を描いてみてはどうでしょう? とりあえず、分かっているものを埋めてみてみませんか? 被害者の性別:女性 被害者の容姿: 被害者の体格: 被害者の性格: 被害者の職業:学生、裕福な農家の末っ子 被害者の学校での成績・活動: 被害者の交友関係: 被害者の当日の服装:学生服 発見現場:狭山市入間川の雑木林から麦畑に出たところの農道 発見時の遺体の状態: #農道に埋められていた 石川はこのほかにも獄中から中核派などの狭山集会にメッセージを寄せており、「『解同』朝田派とトロツキスト暴力集団を核にして、反社会的な方向へ転回していっている」と批判された
そもそも林の中で目撃された不審な犯人の目撃証言も3人ですから組織的犯行なことは明らかですよね 問題はこれらの犯行を一人でやったか複数なのか???単独犯にしては手がこみすぎていますし犯人一人だけの一貫した思想やルールが犯行課程には見えないですし、共犯にしては上に書いたように遺体遺棄が杜撰すぎますし、もっと都合の良い遺棄方法が考えられたのに
49
虚偽のアリバイ主張を維持し、犯行を否認。 つまり、犯人は葬儀の際に遺体を見なくてはならない身内である」という議論) 特に1. 茶畑や植木には、刑事が40人が張り込んでいた。 この点につき最高裁は、 「昭和42年ごろから、私は文字の読み書きを拘置所の中で、独力ではじめたのです」 と自称していたが、裁判所は、石川が14歳の時に3ヶ月間ひらがなや漢字を習っていたこと、顧客の氏名を漢字で書きこなしていたこと、報知新聞の競輪予想欄や読売新聞を読む力があったこと、友人から交通法規の本と自動車構造の本を借りて読んでいたこと などを挙げて「他の補助手段を借りて下書きや練習をすれば、作成することが困難な文章ではない」と認定した。 19歳のときには入間川駅前で不良同士の喧嘩から短刀で刺され、腹膜に達する傷を負ったこともあるが、腹を押さえて自力で病院まで歩いていった。 文化欄や解説欄などで、部落差別に関する評論や座談会、研修会などを積極的に取り上げていく。
24