スペース シャトル。 廃墟?遺産?ソ連のスペースシャトルが再び脚光

95
The speed brake was used to keep a continuous speed, and crew initiated a pre-flare maneuver to a -1. そしてコロンビア号の空中分解事故で死亡事故を起こした後も、脱出機構の装備には設計の全面的な変更が必要ということもありやはり取り付けられなかった。 「オーバーフロー Overflow 」というソフトを使用して作成。 これはオービタを着陸施設から打ち上げ施設へ移動可能にし、(VAB)の別個の設備やクローラー・トランスポーターの利用なしでの組み立てと打ち上げを可能にした。 低軌道での有人実験、低軌道への衛星輸送• In case of a software error that would cause erroneous reports from the four PASS GPCs, a fifth GPC ran the Backup Flight System, which used a different program and could control the Space Shuttle through ascent, orbit, and reentry, but could not support an entire mission. : III—9—10 Early missions used two firings of the OMS to achieve orbit; the first firing raised the apogee while the second circularized the orbit. The TPS primarily consisted of four types of tiles. またスペースシャトルの姿勢制御は、RCSと呼ばれる小型のスラスター(噴射装置)が使われています。 It could be used to grasp and manipulate payloads, as well as serve as a mobile platform for astronauts conducting an EVA. シャトルは雷に対してはまず安全だとは思われるが、が発射された時には実際に落雷で船内が一時する事故が発生したため、NASAはこの件については特に慎重になっている。 Space Shuttle: The History of the National Space Transportation System. , 2007年2月1日閲覧。 あー、バ…(ここで録音が途絶える)」。