ミズノプロ 520 アイアン。 ミズノ Mizuno Pro 520 アイアン

持ち球はドローと言いたいところだがフック。 「ミズノプロ918」よりも若干ですがトゥ・ヒール方向の距離が長くなっていたように感じました。 あれよあれよと結果が出て、920か520とおすすめされて打ってみた520がなんだこれ!とスイッチが入りました。 打感がたまらないです。 今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO Zelos7」Sフレックス装着モデルの 7。 それで、中空構造の感触ではなく、ソリッドな感触を出しているのです。 今回のHDではその鍛流線を打点付近に密集させることに成功し、打球音が長く響くことから打感のさらなる向上が実現したそう。 操作性も重視する• 『ミズノプロ520 アイアン』で一番驚いたのは、ロフトよりも飛ぶことです。 カップフェース構造のアイアンのようです。
32
これまでミズノにはほとんど触れずにゴルフをしてきたので、全くフォーカスに入っておりませんでした…いい、なんかいい!当たった時のミチっというよりはペシャ!(ミチャ!かな)って感じの打感とともに強い玉が出る 「MPの時代は最もヘッドが大きいタイプでも、現状の『520』くらいがマックスでしたので、今の『920』はミズノプロの軟鉄鍛造アイアンとしては考えられない大きさのヘッドサイズです」 では、なぜ『920』が誕生したのか? 「ミズノでは長年フィッティングをやっていて、シャフトフィッティング用に開発した『シャフトオプティマイザー3D』という装置があります
何より、打点がズレても高さが簡単に出せるので、安定したショットを打ちやすいアイアンと言えるでしょう でも、それは最小限です
スカイトラックの弾道データはこんな感じで その各球データはこちら でもしっかり配置されています
0 このシリーズにはバックフェースにチタンが埋め込まれている 現在は『12. しかし、カスタム専用にしたのは、すべてのゴルファーに『ミズノプロ』の良さを体感してもらうためであり、そのための『920』でもある
しかし、あえてそれを選択せず、感性やフィーリング面も大切にするために高価な素材や複雑な製法を選択しているのがMizuno Proのすごいところだと思います 」となって飛距離ロスも心配ですが、そんな心配はもちろん不要です
『ミズノプロ520 アイアン』は、カスタム専用オーダーモデルですので、フィッティングの結果で推薦されるゴルファーのためのアイアンです ネックはセミグース
病みつきになりそうな(T200のバシっ から520のペチっという打音)打感で今後の練習、本番に期待が出来そうです ヘッド素材・製法・仕上げ ヘッド素材. 「 *」が付いているスペックは通常以外の生産(特注や受注生産、カスタム対応など) シャフト名 N. 0 フェースが自然にターンして、つかまり過ぎない程度によくつかまります
グリップも細め 軟鉄とチタンを融合した素材で作られてます
26