季節の挨拶 7月。 時候の挨拶 7月》上旬・中旬・下旬と7月末。ビジネス文書にも

梅雨が明け、過ごしやすい天候の続く今日このごろ、ご健勝のことと拝察いたします。
俳句での季語とは違い、定義づけることも難しいことではあるので、時候の挨拶としての季語がいったい何種類あるのか?という疑問に答えはないのではないでしょうか。 例年よりも寒く雨が多いなと思ったら使えますが、雨が少ない時に使うべき言葉ではありません。 セミの声に負けないように ビール片手にカラオケで 歌いまくる日々です。 七夕飾りが街を彩るころとなりました。 長かった梅雨も明け、いよいよ夏本番! 夏休みのご予定はお決まりでしょうか?• 梅雨が明ければ、いよいよ本格的な夏がやってきますね。
74
7月に書かれるビジネスの手紙・ビジネス文書 一覧表 お中元のお礼状 ・お中元が届いたらなるべく早くお礼状を出します 七夕飾りが街を彩るころとなりました
夏風邪が流行しているようです 各地で海開き・山開きが伝えられ、夏休みが待ち遠しいこのごろ、いかがお過ごしでしょうか
夕暮れとともに聴こえてくる 盆踊りの太鼓の音 待ちに待ったクリスマスがもうすぐです
大空にこいのぼりの躍るころ、皆様いかがお過ごしでしょうか 花もいつしか過ぎて葉桜の季節になりました
花火が夜空を彩る頃となりましたが、ご機嫌いかがでしょうか 笹の葉に願い事を書いた短冊をつるして飾る風習がある
上旬は、 梅雨明け間近という気候 頭語の「拝啓」とペアで使います
梅雨明け後、蒸し暑い日が続きますが、体調など崩していませんか 午後になると蝉時雨が シャワーのように、家の中に注ぎ込みます
長い梅雨が明けたらと思ったら、早速毎日暑いですね 敬具 酷暑の折柄、くれぐれもご自愛ください 敬具 時節柄、皆様のご健康をお祈り申し上げます
89