新年 の あいさつ いつまで。 新年のあいさつはいつまでするべき?

そんな人が思う事、新年の挨拶はいったい いつまでが一般的なのか? みんなはもう挨拶は済ませてると思いますが 自分だけ遅れて挨拶をする時は誰から挨拶をすればいいのか? オフィスではいろんな方達が私の電話対応を聞いているので 新年の挨拶を取引先に電話するのに恥ずかしくない対応をしたい方。

明確にいつまでと決まっているわけではありませんが、一つの目安となるのは 仕事始めの最初の一週間の間です。

先方が「明けまして…」と挨拶をされた場合は合わせ、されなければ普段通りに対応。

新入社員研修では、まだ不慣れで、たどたどしかった名刺交換も、うまくスムーズにできるようになってきたのではないでしょうか?今回は、その一般的な名刺交換から少しレベルアップし、新年の挨拶まわりの際に必要なビジネスマナーについて、分かりやすくお伝えしましょう。

新年の挨拶まわりは、おおむね1月7日の「松の内・・・松飾を飾り歳神様をお迎えする時期、つまりお正月らしい期間」までがよいとされています。

小正月は1月15日で、昔はこの日までが松の内でした。

ビジネスメールにおいても新年のご挨拶は 松の内(1月7日)までにしましょう。

1番お世話になってる方にする時は少し差別化を図って 「今年は、仕事を全て任せられるように仕事に励んでいきます」など 今年の目標なども挨拶と一緒に言うと好印象だと思います。

〜本題〜 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

14 80