北大路 公子。 『生きていてもいいかしら日記』が大好評! 作家・北大路公子に聞く│北海道ファンマガジン

北大路公子先生の本の帯には 恩田睦さんなどもコメントがあったので、作家仲間の交流も興味津々です。

日記とはまた違う雰囲気も味わっていただけると嬉しい」と新刊について紹介してくれた。

「公子」は当時北海道に移転してきたばかりだったに由来しており、「北大路」は本名のニュアンスを残したもの。 「えーとですね、椎茸だけではなく、さまざまなものを育て美味しく食べることによって、最終的には死んだ猫への思いの昇華というか成仏的なところを目指すのです」 なるほど。 「北大路」については、なんとなく本名の雰囲気を残した。 「では手始めに椎茸はどうでしょう」 「え?」 「そういう栽培キットが売っているので、育てやすいと思います」 「花は……?」 「美味しいですし」 「食べるの……?」 いや、椎茸だから当然食べるのだろうが、その場合、猫の穴を埋めるべく育てた椎茸を食べてしまうというのは、愛する猫を食べることにはならないのだろうか。 母がいる時は三人分を、通院などで留守の時は父と二人分を作り、黙々と食す。 「不用!」他满脸忿恨,用眼神狠狠的一瞪。 文庫版(2016年7月、、• 「こんなに酒を呑むバカがこの世にいるとは……」と呆れられたのがきっかけで出版社・寿郎社の社長と知り合い、ネットで書いていた文章を元に、一冊目のを発売した。 叫我要找他麻烦,结果我买了一堆没用的东西,他用宅急便送到我家;我去撞流氓,结果呢?沾了满身的垃圾,这些方法根本行不通。
96
すべてにおいて流されて生きているからでしょうか……。 这种丢脸到家的事,打死他都说不出来,所以这口闷气只能自作自受。 2005年に『枕もとに靴』、2006年に『最後のおでん』を寿郎社から相次いで出版。 左を見ても猫。 とにかく自分が種から育てた鉢植えに、ある日、可憐な花が一輪咲く。 『ハッピーライフ』(2020年9月、寿郎社、 連載 [ ]• 今後、活動の目標や夢などおありでしょうか。 もちろん社会人の嗜みとして、心の中に常に猫はいる。 「苑宫彻被井田学长叫了出去,我记得井田不是很正派,他也一直放话说想要尝尝苑宫彻的身体。 インターネットは社会のさまざまな側面に光を当てたが、「人は隙あらば自分ちの猫を自慢したがる生き物である」との真実もまた明るみに出した。 文具も色々あって便利。
38
「到底产生什么幻觉啦?快告诉我 出版書籍 枕もとに靴 ああ無情の泥酔日記 (寿郎社、2005年)のち増補版、新潮文庫 最後のおでん 続・ああ無情の泥酔日記 (寿郎社、2006年)のち増補版 生きていてもいいかしら日記 毎日新聞社、2008年)のちPHP文芸文庫 頭の中身が漏れ出る日々 毎日新聞社、2010年)のちPHP文芸文庫 ぐうたら旅日記 恐山・知床をゆく 寿郎社、2012年) 苦手図鑑(角川書店、2013年) 石の裏にも三年 キミコのダンゴ虫的日常(集英社文庫、2015年) wikiからのコピペ
一度も行ったことがないので 関西の大学でを専攻し、卒業後は帰郷して祖母の介護をしながら暮らす
」 北大路东司嘴角抽搐起来,其实肚子里已经笑翻 されたいのだが、でもされない
飼い猫が死んで十五年近く、私の生活からはすっかり猫の気配が消えてしまった 北野の文教堂さんはその前の本屋さんからお世話になっていて、出版不況が騒がれてはいるのですが頑張ってほしいなぁ
優しい言葉をかけるときれいに咲くなどという、一歩間違えば得体の知れない水やらなにやらを買わされそうな話もある 「ちょうど日本ハムファイターズが札幌に移転した年だったため、『せっかくだから「ハム子」ってことでいいんじゃね?』ということで、5秒くらいで決まりました」と、ペンネーム決定の経緯を話してくれた
从苑宫彻入学以来,他对他百般讨好,但是苑宫彻毫不理会,最后他进了学校势力最大的学生会,连老师也不敢惹上学生会的人,他只好作罢 北大路东司已经从校园的秘密档案中,发现了纷野公义的真实身分,当然也知晓他是混血儿,而且因为幼时的一个事件,他就开始染发,极力装成土生土长的日本人
文庫版(2013年5月、、 (解説 )• ま、そんなことで一冊読んでみればいいべさ
壊れたと認めると本当に壊れるので、今のところ「過去の恥ずかしいことを思い出して夜中に突然奇声を発するオイルサーバー(メンタル弱め)」として接しているが、しかし実際問題、冬が来る前に 修理もしくは交換あるいは人生相談をしたほうがいいに決まっている 私にもその血が流れていると考えれば、ものが花だけに、一気に才能が開花する可能性もある
「北大路公子」というペンネームは、2005年にデビュー作『枕もとに靴』 寿郎社 出版にあたり、寿郎社の社長が命名した 独身でいる理由を教えてください
9