Joc 会長。 山下泰裕のJOC、全柔連会長就任に疑問 森氏の女性蔑視発言など数々のスキャンダルを“黙殺”

「正直言って、選手たちは国民やマスコミからの批判、怒りの的になることを非常に恐れている。

JOCは同日の評議員会で新理事30人を選任した。

私事で恐縮だが、41年前のモスクワオリンピックを日本はボイコットしたが、当時一緒に住んでいた友人が二カ月月半くらい前に連絡をくれて、思い出したことがある。

女は黙っていろと言わんばかりの言動を投げられた女性は多いはずです。

覚悟と勇気を持ってこの職を受けていただいた。

馬術の経験 [ ] 父は騎兵将校の職業的軍人で馬に乗ってはいたが、恆和は実際に父の乗馬姿を見たことはなかった。

81
「組織委、JOC、JPC、スポーツ界を挙げて橋本会長の下で協力していく」と語った ・・・ ウィキペディアにも書かれているけど、 車を運転中に歩いていた女性をはねて殺してしまったみたいだけど、一応女性の遺族と示談で決着をつけて事は収まったみたいだね
多くの選手達が国民からの声援を受け、いつもそれが力になっている 無観客が濃厚になってきましたが、IOCやVIPは参加するんですよね
2012年10月時点で、以下の11人の仲介に成功している こうした声に対してより具体的な対策を説明していくことが必要である」と話しました
同社は国際陸連前会長で国際オリンピック委員会(IOC)委員だったラミン・ディアク氏の息子パパマッサタ氏とつながりがあり、ラミン氏は開催都市決定の投票権を持つIOC委員に影響力を持っていた 朝日新聞 2019年1月11日• ただ、コンサル会社の代表者やディアク親子を直接調査はできず、全容解明には程遠かった
後任候補には自身の名前も浮上したが、前任の森喜朗氏の働きを目の当たりにしており「みんなが考えているより簡単なことではない JOC(日本オリンピック委員会)の山下泰裕(63)の無責任発言が物議を醸している
「透明性よりも信念に基づいた考えを述べることが大事」と持論を明かした 批判 [ ] における日本勢の不振に関して金メダリストのが、コーチやトレーナーではなくJOCの役員に金が使われている現状を「お金の使い方が逆でしょう」と痛烈に批判している
報道陣から大会の中止や再延期についての可能性を問われると「再延期に関しては、オリンピック単体だけではなくさまざまなことが関係するので現実的に不可能だと思う 新型コロナの感染拡大が世界中で続く最中に五輪を開くこと、政府が選手や関係者の外部との接触を遮断する「バブル方式」による「安心安全な大会」を訴えながら、実際は「穴だらけ」の状況下での五輪開催に難色を示しているのだ
67
このあと開かれた新しい理事による理事会で山下会長が再任され、3期目を務めることになりました。 2016年5月の時点で、企業に採用された選手が100人を突破したと報道された。 五輪貴族、特別な存在という感覚への嫌悪感なのか、国内外でIOCへの批判が強い。 私は立ったまま、ただ手を震わせながらそれを読んでいた。 記事を読んでも竹田氏側に過失があるみたいだし、普通の人だったら交通死亡事故を引き起こしたら、何かしらの刑事責任を問われることになると思うけど…そういうことが全然書かれていないから、 何にもなかったってことなのかな? あまりの特権階級でほとんど世の中というものを分かってないから、こういうことになったんだろうね。
9