仏陀 の 教え。 k

しかし、軍配は釈迦に上がります。 自分の行い(業)の責任は、他の誰も取れません。 もし毎日、何であろうと自分のしていることに注意を集中することができないなら、人生で成功して本当の幸福を見つけるのはほとんど不可能でしょう。 「最高の」というのは、自分ができる限りで最高の、最良のという意味です。 ヨーロッパでは、仏教というものが最初に紹介されたときに、おおかたの思想家や哲学者は、嫌悪感をおぼえたと言われています。 今までの仏教とは何なのだろうかとほとんど役に立たないことが分かりました。 もし年長者が適切なお手本を示すことなく、すべての子供達が正しく健全で幸せな人生のための準備として必要としている、愛情に満ちた指導を与えなかったとしたら、若者達に孝行と良い行いを期待するのはむしろ理不尽でしょう。 今は、便利な世の中になったもので、自宅から欲しい本を探してインターネットを通じて購入できるようになりました。 仏教は、私達は今・ここで天国にいることができる、今生で幸せになることができる、と言うのです。
27
仏教の起源はインドですから、お釈迦様やお釈迦様の説いた教えについて書かれた本 その他の阿修羅、畜生、餓鬼、地獄等の表現は人間の死後の霊人(未熟霊、邪悪霊)の試練界等での様々な霊的状態を表しているでしょう
世界中の人が感動をあたえる仏教の教え 仏教の教えによって救われたというと、それは、一部の人のことであって、みんなに当てはまることではないのではないか?と思う方もあるでしょう しかし苦と苦の間に、一瞬ではあるが至福の時もある
舎利弗から誘われてお釈迦様の弟子となった目連は、「神通力」と呼ばれる能力でお釈迦様の説法の邪魔をする鬼神などを追いやったり、餓鬼道(がきどう)におちた者を見つけて供養したりしていました もちろんですが、人間も(地上界にいる間は人間としての)肉体を持った(宿った)霊であり、霊人的輪廻転生(再生)の中に入っているのです
悟りとは、自分すらない無我の境地なのです 道の人よ、道を学ぶ人が実践してはならない二つの極端がある
説法がすんでから仏陀(釈尊・釈迦)は彼を呼び寄せ静かに諭しました その至福の時を意識的にもたらす方法として、呼吸法や冥想法を説いていたのではないかと思います
浄飯王も「このめでたい席で不吉な涙を見せるとは何ごとか あらゆる現象に一喜一憂することなく心が安定した状態になれば、結果として幸せに生きることができるのです
9