方丈 記 内容。 方丈記

3 下品だ。

独り調べ、独り詠じて、自ら情(こころ)を養ふばかりなり。

冒頭部分の以下のフレーズがとても有名ですね 原文 かなむは小さき貝を好む
「無常」とは「すべてのものは生まれては滅び、変化する」という仏教用語です 長明が18歳の頃に父が亡くなってしまい、その後は波乱の多い人生を送ることになりますが、日本史上有名な人物ともかかわっています
朝に死に夕に生るるならひ、ただ水の泡にぞ似たりける どうして他人の力を借りなければならないのか
一期のたのしみは、うたたねの枕の上にきはまり、生涯の望みは、折々の美景に残れり 糺の森は現在でこそすっかり俗化して、人の行き来が絶えないです
内容的にも、そう難しいことを言っているわけではないので、特に現代語訳がなくても、すーっと理解できると思います では、どんな風に自分を従者にするのかというと、しなければならないことがあれば、すぐに自分自身を使ってするということである
家の中にいれば押しつぶされそうになり、外へ逃げれば地面が割れ逃げ道をふさがれる 主に平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての出来事が書かれており、また清少納言の『枕草子』、吉田兼好(兼好法師)の『徒然草』を合わせて、日本三大随筆と呼ばれるほど優れた作品として当時から知られていました
・無常 15.各段落での比喩と内容を整理する これを自筆本とする見解 、誤字・脱字や諸本との関係より自筆ではないとする見解 が分かれている
65 25