Pts 値上がり。 夜間取引(PTS取引)とは

それらの銘柄が、翌日の通常取引では朝から買いが集まりそのままストップ高達成!というパターンもあります。

有効期間 各セッションの取引時間が終了するまで有効。

東京証券取引所とPTSは別の市場ということを頭に入れておく必要があります。

つまり、前日の大引け後に人気化した銘柄です。

・本情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としているものであり、投資勧誘を目的にしたものではありません。

これはいくら材料などで需要が上がっても寄付きの時点でスト高になってしまえばそれ以上は上がることができないというシステム上の性質が関係しているのでしょう。

ちなみに今回はデイトレ目線強めで書いてしまいましたが、下記の内容はスイング銘柄のスクリーニングとしても成り立つと思います。

起きたらとりあえずPTSランキングを見ておく というくらいでも構いません。

したがってPTSの値上がり率ランキングを見てあげれば• 翌営業日に動く銘柄が載っている それが今回ご紹介する「翌営業日に動きそうな銘柄をぱっと知る方法」で、具体的には「PTSの値上がり率ランキングを活用する」という方法です。

PTS取引はSBI証券と松井証券だけで取引が可能で、夜間の取引も可能となる• どんな銘柄に材料が出たのか• コード番号 されて PTSランキングは証券のツール以外にも、モーニングスターで確認できます。

24
デイトレード• この後、PTS取引のメリットや上手く活用した投資法も取り上げていきます。 ただ材料には注意すべきで、インパクトがあるような材料でも市場は大きく反応しない場合もあります。 23:30~5:00(標準期間) 米国株式市場の寄り付きで大きな動きがあれば、早めの対応も可能となります。 市場に注目されていて• このように、PTS取引は東京証券取引所とは別の取引となりますが、SBI証券の口座を持っていない方でも上手く利用することが可能なので、覚えておいて損はないはずです。 注文方法 「指値」注文のみ。 個人投資家が翌営業日に注文を入れたがるような銘柄はどれか ということがパパッとわかるわけです。
新規で新しい材料が出た• たとえば、Aの銘柄の株価が東京証券取引所では500円だが、PTSでは498円といった場合があります。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 このことを、実際に、楽天証券の楽天 4755 のPTS取引の画面(左)と、通常取引の画面(右)で比べてみましょう(時刻は同じ14時20分)。 このように、 市場の価格差を利用した取引も可能となるので上手く利用していきましょう。 それに加えて、PTSの様々なランキング情報も充実しています。 PTS取引は通常の取引と違う点があるので注意が必要ですが、 難しい制限等はありませんのでルールさえ覚えておくと良いでしょう。 あくまで有望銘柄としてチェックしておく形がいいでしょう。 厳密に言えばスイングだと必ずしも自分が乗る瞬間に大きな出来高がいるかと言うとそうではなくて、理想的には出来高が膨れあがる前に乗っておきたいというのもあるんですが・・・今回は話が長くなるので置いておきます。 株の世界では大引けを迎えた直後に企業側から開示情報が出るというパターンが多く、ザラ場以降の取引時間帯であるPTSで動意するということは何かしら材料が出たというケースが多いですね。 通常の取引には無いメリットもあるのでPTSの旨みを見ていきましょう。