日立 金属 安来 工場。 日立金属、ファンドへ売却 島根県安来市に特殊鋼の主力工場 県や市、技術流出など懸念

5
日立製作所は注力するデジタル事業との相乗効果を見極めて、肥大化した日立グループの再編を進めている。 ファンド連合は一般株主の保有分を含む全株を株式公開買い付け(TOB)などを通じて8166億円で取得し、日立金属の経営再建に着手する方針。 元安来工場社員で、現在はNPO法人理事長を務める藤原常義さん(73)=安来市安来町=は寂しげに話した。 安来商工会議所の真野善久専務理事(68)は「安来工場は地域の中心的存在で、日立金属を中心に町が動いているとも言える。 データ分析基盤の構築が計画されました。 日立金属は島根県安来市に特殊鋼の主力工場がある。 手軽なBIは他にも存在する中でQlikViewが持つ画面開発の容易性と自由度は、他社製品に比べて突出していると感じました。 安来工場で生産する製品は、鉄鋼をベースにさまざまな金属や原材料を混ぜて特性を出し、用途にあった鋼を作ることを事業にしているため、製品それぞれに合金の配分比率や製造プロセスが複雑に異なり、工程ごとに非常に緻密な生産管理が非常に重要となっています。
32