網膜 中心 静脈 閉塞 症。 網膜中心静脈閉塞症の治療法は 硝子体内注射が一般的、手術も

網膜静脈閉塞症の患者さんの多くは、高血圧のある方です。
VEGFの働きを抑制する抗VEGF薬を眼球に注射すると、浮腫が改善します。 ただし、あとで解説しますが、どの血管が詰まったかによって、症状の現れ方はさまざまで、視力がほぼ失われてしまうこともあれば、本人は全く気付かないでいることもあります。 レーザー光凝固術で黄斑浮腫が消失した例 70歳で高血圧と脂質異常症がある女性です。 黄斑浮腫改善:光凝固では視力改善しない 2.硝子体手術 黄斑浮腫に対する臨床試験は行われておらず、エビデンスは確立していない。 以前網膜中心静脈閉塞症に対する抗GF療法の治験を行っていたときのデータによれば、すぐに治療を始めたグループは視力が回復したものの、1年後に治療を始めたグループは視力が元に戻らなかったという報告があります。 手術の安全性は高くなっていますが効果のない場合もあり、合併症が起きる可能性もゼロではありません。
37 62