第 五 人格 ピアソン。 IdentityV 第五人格

背景推理から考えられる考察は? 背景推理を確認していくと、ピアソンは孤児院を経営しつつ裏で泥棒も行っていたようですね。

画家(エドガー・ワルデン) ワルデン家の一人息子で、幼少時から芸術に深い興味を持っており、並ならぬ才能を発揮してきた。
通常ギミック 全ステージ 椅子(ロケットチェア) ステージ中に14〜20個ほど(地下を除いて)存在する すでに落とされた木の板は通り抜けることができるが、他の障害物を通り抜けることはできない
友人のフレディ・ライリー 弁護士 に騙され、軍需工場の巨大な負債を背負わされ妻とすべての財産を奪われた 永眠町と違い駅のゲートやトルネードがなく、住宅エリアのゲートを新しく開設され、商店エリア、墓地及び電車の軌道の位置が変更された
納棺するかしないかは拘束されたサバイバーが選ぶことができる
名前の由来はであり、背景は映画『』をもとにしている クリーチャー・ピアソンは、どう見ても育ちのいい慈善家には見えず、自分の形跡を消すことに重きを置いているように見える
しかし彼は人を生きたまま納棺するシリアルキラーだった 祭司以外のサバイバーが長い通路を通る時、入口に通路の長さに応じて一定時間残影が存在し、ハンターが残影を攻撃すると、残影の受けたダメージを受ける
誕生日は そのコンサートを見た観客の中には演奏中の彼の背後に悪魔が彼を操っている姿を見たと言っていた観客がいた
大学に入学し文学学士になりたくてエウリュディケ荘園の検討会に参加し、荘園の主人に学費を払ってもらうためゲームに参加 また、サバイバーを風船にくくりつけた状態のハンターにタックルが命中するとハンターは数秒スタンし、強制的にサバイバーを風船から降ろさせられる
97
誕生日は 傭兵 ナワーブ・サベダー - 東インド会社に貢献した元
最高速度の時にサバイバーに衝突すればダウン、ハンターに衝突すれば数秒間スタンする 通称「第五舞台」
誕生日は その後、全てのことをカメラで記録し始め、写真の中の映像はそのままだが、現実のものは衰えていくことに気づく
「使徒」 アン 奇妙な病気にかかり、目が普通の人とは明らかに違ったため「悪魔の目」という噂が広がり、噂のように自分は悪魔の目を持っているのではないかと疑うほど精神的に追い詰められた モバイルゲーミングにおいて、勝つ為の機能がコンパクトボディに凝縮されている端末になっています
地下 ステージには地下が定位置に2つ存在し、ゲーム開始時にランダムでどちらかが開く だがら私は善人になろうとしている
89