こたつ で 寝る と 風邪 を ひく。 こたつで寝ると喉が乾いて風邪をひく・・・迷信ではありません!

常に体が高い温度のまま睡眠を続けてしまう事になり脱水を起こすのです。 85

これこそかの有名な「こたつで寝て風邪をひく」状態である。

冬は、試験だけでなく大事な受験シーズンでもあります。

脱水症状により、血液がドロドロになり、脳梗塞や心筋梗塞などといった血管がつまり命に影響のある病気になりかねないのです。

こたつで寝ると風邪をひく理由は体温調節がうまくできないから こたつで寝ると風邪をひくといわれているのは、 「体の体温調節がうまくできない」ことが最大の原因とされています。

体温の上昇による異常な発汗と乾燥• こたつは低温火傷しやすい環境!弱に設定していても要注意 こたつで寝ると、低温火傷(やけど)の可能性も高まります。

そして、失われた水分を補給しましょう。

27
体温が下がると上げようと頑張りますし、体温が上がると下げようと頑張ります。 人間は摂取したカロリーの大半を体温維持のために使っていますが、こたつに入ると下半身は温められ、エネルギーを使用せずに済みます。 家にいるときは常に炬燵にいるといってもいいこの時期。 こたつと布団では、大きなちがいがあるのです。 寒い季節にこたつに入るのは何ともいえないほど幸せな時間ですよね。 そこから こたつで寝ると風邪をひくだけでなく、命に係わるんだなと教訓にしています。 このように口や鼻の粘膜は、ウイルスなどの感染症に抵抗するための免疫を発する部分でありますが、乾燥することによって、ウイルスや菌に対抗できなくなるのです。 が、中には 「ちょっと風邪をひくくらい構わない。 これは内科医の先生に聞いても明確な答えが必ずしも出てこないようです。
62