それだけ が 僕 の 世界。 韓国映画『それだけが、僕の世界』の見た感想!原題とネタバレも

そうしていると中間で辛い時もありました。

あれが、むしょうにうまそうでならない。

僕がこの映画に参加して最も重要に考えた原則は「障害を持つ人々と家族、社会福祉士の方々が不便に思って欲しくない」ということでした。 88
ジンテの友人で姉弟のようなスジョンも、彼を特別扱うことなく自分が可愛いか聞いてきたりと、二人のやり取りがコミカルで微笑ましく見ていられました。 面白いと思いますよ」とアピールするイ・ビョンホン。 でも、まぁ何といってもイ・ビョンホンですよ。 今は「休んでどうする、仕事しないと!」という気持ちです。 いや〜韓国はこの手の映画がズバ抜けてますね〜 ずっと前から観たかった 「それだけが、僕の世界」が 北九州市小倉で上映してたので 観て来ました 福岡市ではタイミングが合わず 観れなくて、やっとの思いなのです😆 小倉駅に着いて上映開始まで後10分💦 やべっ! よし、タクシーに乗るぞ! 自分「すいません、昭和館までお願いします」 タクシー「へぇ〜珍しいね〜」 自分「え??そ、そーなんですか?」 タクシー「………昔はよくそこで高倉健の映画やってたなぁ〜」 自分「へぇ〜そーなんですね〜」 ーーー沈黙ーーー タクシー「6千700万円ね、そこ置いといて。 だから各シーンの台詞を徹底的に設計しました。 よそ様の食事風景を見ることなんて無いから、この国で、ご飯が左に、味噌汁が右に置かれた食事風景が、ほんとに「一般」なのか、生まれて何年も経ちながら、今もってわたしは知らない。 少ないセリフで、その複雑な内面を表現する彼の演技も素晴らしいが、何といっても本作の見所は、サヴァン症候群でありながら、ピアノの演奏には天才的な能力を発揮する弟ジンテ役の、パク・ジョンミンの脅威の演技力に尽きる! 実際に自身が演奏している、ピアノ演奏シーンの指の動きはもちろん、サヴァン症候群の患者になりきったかのような、その演技が余りに凄すぎて、もはや彼の素の顔が想像できないほどにハマっているのだ。 アクションのイメージが強かったイ・ビョンホンですが。