母 を たずね て 三 千 里。 アミーチス 日本童話研究会訳 母を尋ねて三千里

病気かもしれないと心配して手紙をよこすも、その返事さえ返ってこない。

船は白い波がしらをけって進んでゆきました。

親方はいつも彼のところへきては、 「しっかりせよ。

ベルナルドを助けたマルコを執拗に追いかけ、最終的に追い詰めるが、マルコが腕に噛みついてその場を去った。

アンナがアルゼンチンに行ってからはマルコの母親代わり。

おかあさんにあうことも出来ないで死んだとしたら……マルコは急にかなしい心になりました。

しかししまいには 凉 ( すず )しいいい日がつづきました。

妹のためにトゥクマンまでの汽車賃を遣ってしまったマルコに対し、貨車にタダ乗りするよう勧め、自分が囮となって駅員に手酷く殴られることでマルコを助ける。

父親は自分がアメリカへいって妻をさがしてこようかと考えました。

チキティータという人形を大事に持っている。

94
つぎの朝マルコはよろこび勇んでコルドバへ向って出かけました ファドバーニ 声 - ブエノスアイレスで荷揚げの仕事を一手に引き受けているイタリア人の金持ち
嫌味な性格だが、マルコと別れる際に食料を渡すなど陰湿というわけではない 第13話 さよならフィオリーナ• ルイザ・シルバーニ シチリオの妻
アメリア・セバーリョス 声 - マルコが再びブエノスアイレスを訪れた際、最初に立ち寄った家にいた娘 作品としてはマルコの母捜しの部分が要領よく纏められていたものの、の不調や共同制作者であるの深刻な経営不振もあり、1996年の『』(手塚プロダクション制作)に端を発した一連の松竹での旧作アニメのリメイク版企画は、同作品が最後となった
ジェノバからアンナを訪ねてはるばる一人でブエノスアイレスまでやって来たマルコに感心し、あれこれマルコの世話を焼く マルコがジェノバから来たと知るとの話をする(コロンブスがジェノバ生まれのため)
」 女はじっとその声をきいていました
」 といいました アメデオを気に入っており、その姿を見てマルコがニーノをジュリエッタとかぶらせるシーンがある
40 74