ドキュ サイン 株価 時間 外。 【DOCU】ドキュサインの株価、決算、今後の見通しを徹底解説!

Analyzer(アナライザー) Analyzerは契約書や書類の中にある重要事項や潜在してるリスクなどをAIが分析して見つけ出してくれるシステムです。

RBCはこれら需要が拡大を示す先行指標とて、モバイルアプリのダウンロード数に注目。 2020年の年間売上高は前年比49%増の約145. また、ビリング(未収請求を考慮した売上高)も予想を上回っており、引き続き好調な決算となった。 ここではドキュサインの事業内容、株価、決算情報、今後の見通しまで詳しく解説しています。 DOCUが提供するクラウド上のソフトで、ユーザーは、契約プロセスを自動化し、どんな端末からも法的に拘束力のある電子署名を行えるようになります。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 日本でも2021年9月にデジタル庁が設置予定です。 特別項目を除く1株利益は0. COVID-19危機において恩恵を受けることが出来る「少数精選」企業の1つであり、同社に持続的な成長をもたらすことが出来るとの見方を示した。 顧客数も前年比49%増の98. 年度 1Q 2021 2Q 2021 3Q 2021 4Q 2021 1Q 2022 EPS 0. 販売・マーケティング費や研究開発費などが増えましたが、増収で吸収した格好になりました。 25倍のお金を継続して払ってくれている、と言うことになります。 RBCは「地球上、すべての組織が中期的にデジタル署名のワークフローに移行する必要があるという事実に支えられた」と指摘し、「ドキュサインの大きな持続的成長の機会を示している」との見方を示した。
79 18 67