不正 の トライアングル 理論。 部下はいかなる場合に不正を犯すか―「不正のトライアングル理論」から考察する

主に組織内で従業員が不正行為を犯すに至るメカニズムを分析した理論で、人は三つの重要な要因が揃ったときに不正にはしるため、三つが揃わないようにするという観点で対策を立てる必要があると考える。

独立行政法人情報処理推進機構(以下、IPA)にて情報セキュリティー白書の執筆やガイドラインの策定にも携わっているエドコンサルティング株式会社の代表取締役 江島将和氏に、内部不正対策のポイントについて話を聞いた。

どんな人でも、不正を犯してしまう因子は持っており、魔が差してしまえば不正を犯してしまう。

不正を犯す兆候が出てくれば気付くはず。

経営者は企業経営の安心・安全を手に入れるための『投資』と考えて、適切な予算や人材を確保してほしいと思います。

皆さんの属している組織は、このようなことが語れており、それが様々な意思決定の場で実際に判断の軸になっているでしょうか。

50

管理体制の丸投げは「ブラックボックス化」し、「機会」を生み出す こうした内部不正に関して、さまざまな対策用ソリューションが存在する。

もちろん、「動機」を軽減しただけでは盤石といえない。

・借りるだけであって、いずれ返すので大丈夫。

内部不正はまだ起きていないだけで、いつ起きてもおかしくない状況と言えるでしょう。

IPAの「組織における内部不正防止ガイドライン」 COSOモデル以外にも、不正防止の取り組み方法があります。

woocommerce respond input submit:hover,. 2015年5月独立して、株式会社エスプラスを設立(代表取締役)と共に、株式会社ビズサプリのパートナーとなる。

10

そして、経営者は、日ごろから、『不正は許さない』というメッセージを社内で発信し、そのような企業文化を作る必要があります。

社員は疑われているという状況を好ましく感じないのは当然だろう。

このように不正リスクの検討においては、不正実行者の立場からの評価が非常に重要です。

不正行為が発生する3つの条件 不正行為の原因を分析するための理論の一つに、米国の組織犯罪研究者のドナルド・R・クレシャーが提唱した「不正のトライアングル理論」がある。

ビジネスの世界では、働く人の「動機付け(モチベーション)を高めることが重要だ」ということで、様々な取り組みが行われてきました。

仮に外部の力を借りても、肝心のログを改ざんされてしまい証拠隠滅を図られている可能性もある。

監視カメラの死角を狙えばバレることはまずありません。

たとえば「職場の金庫のダイヤルナンバーを知っている」とか「合鍵が隠してある場所を知っている」など。

47