岡林 宏樹。 南国市の小学生水難事故 遺族が第三者委「解散」求める【高知】 « プライムこうち

そして沈むのを待って全員で靴、本をどうする? — 岡林宏樹 Hirohina6 との相談をしている。 何かあると少年法とか言いますが、いつも加害者の人権にばかり目が行き過ぎです。 ですが、果たして50mほど下流に靴と本置いて行きますか? — 岡林宏樹 Hirohina6 僕のツイートした川の状態を見てください。 この警察の事故として処理したということに関して裏側で圧力が働いたのではないか?ということが言われています。 皆様に是非HPを読んで頂き、理解して頂いての署名をお願いします。
2
ですが、果たして50mほど下流に靴と本置いて行きますか? — 岡林宏樹 Hirohina6 僕のツイートした川の状態を見てください。 。 遺族は5日、原因を調査している第三者委員会に問題があるとして解散するよう申し入れました。 是非、ご遺族は警察署で聞いた時系列の話を明らかにして頂きたいです。 確かに小学生が川に降りるにはそこしかありません。 ぜひ情報源を確認してください。 またこの事件が起こった高知県では回覧板を回すときにも緊張した空気がはしり、事態をこれ以上大きくするなといった感じみたいです。 そして午前中に開け閉め作業があったとされる川の水門。 立ち話でとか電話とかでというレベルではありません。 一部では事故ではなく事件だと主張する声が多く上がっており、一部ネット掲示板やSNSなどでは犯人特定の動きも見られます。