四国 88 箇所 地図。 四国88箇所巡り行程図

絹本著色両界曼荼羅図 [71番弥谷寺]• 石燈籠:花崗岩製の6角形、総高1. 木造吉祥天立像(75番善通寺)檜の一木造、古色、像高135. 金剛杖(こんごうづえ) 木製ので、空海が修行中に持っていた杖に由来する。

それは、山門前で一礼し、でお清めをしたのち、表示などで可能であれば堂にてを一回突く(参拝後には突かないこと)。

寺号とは別に通称の寺名のあるところ。

その後、同年5月11日に75箇所の札所が納経所を再開。

輪袈裟(わげさ) 輪袈裟はの略式で、遍路には欠かせないである。

旅行会社によっては逆打ちのツアーを組んでいるところもある。

0cm平安後期作• 木造吉祥天立像:台座も含めて榧の一木造り、像高44cm、台座6cm、平安時代作• 木造十一面観音立像(17番井戸寺)榧の一木造り、彩色、像高197. 木造十一面観音立像6躯(52番太山寺)2躯は檜材、4躯はカツラ材の一木造り、像高156. 1929年(昭和4年)に善楽寺が再興されて札所を名乗るようになり、30番札所が2か所存在し混乱することになるが、1993年(5年)から30番札所は善楽寺とし、安楽寺は奥ノ院と定められた。

46
また、外国人遍路へのサポートとして各札所への英会話カードの配置を進めている人 も現れた。 これらは断片的で、全体としての成立がなされていないことを示している。 遍路の中には先を急ぐあまり夜間も歩こうとする者がいるが、のない遍路道も多く、遍路道しるべを見逃して、現代においても事故が発生 している。 梵鐘:銅鐘、103cm、径51cm、1649年作• 次はに向い燈明・線香・賽銭奉納をして納札を納め、般若心経や大師宝号などの読経を行い、祈願する。 入国してからも札所以外の立ち寄りは禁止など厳しい制限がかけられた。 そして、神仏分離から100年以上経った1993年に第三十番札所が確定したときに、現在の霊場の形に落ち着いた。 茶堂の例(。 距離に幅があるのは遍路道は一択ではなく、選択する道により距離が変動するためである。 日本遺産の石碑(郷照寺) 昭和63年の「瀬戸大橋開通記念」は門脇俊一画伯による絵 と御詠歌が書かれた札が、平成10年の「明石海峡大橋開通記念」は青地に金の梵字の御影が、平成11年の「西瀬戸自動車道開通記念」は銀地に青の梵字の御影が、平成26年の「四国霊場開創1200年記念」は赤地に白の梵字の御影が納経したとき配布された。