コロナ収束して欲しくない。 新型コロナ騒動はいつ終わるのか?感染症完全収束の3つのシナリオ

一方、感染した人の血液の中には新型コロナウイルスの抗体があるので、その血清を使えば重症患者を救える可能性があります。

表の人通りは既に閑散としていた=東京都新宿区で2021年1月8日午後8時8分、滝川大貴撮影 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない中で、経済への影響も深刻さを増している。

国民との痛み分けで、終息まで報酬半額に提案する気はないものか 実際には、 若い人や基礎疾患がない人でも、かかった場合に無症状又は軽症で済むかは かかってみないと 分かりません
新型コロナは一人の感染者が、平均2. まあ政府の対応がベストだったとも、全部が政府の施策のおかげとも思いはしませんが あーいう精神が辛い時には大事やし、 大変な時こそ皆で結束して乗り切る事が必要やと思う
現状からは、 国民の多くがかかるのは時間の問題で 、 近いうちに必ずかかる 感染する と思っていた方がよいでしょう その点、獲得免疫は年齢の影響は小さい
感染症面と 社会面です ワクチンも治療法もない段階では、感染者の中の一定の割合の人が重症になり、一定の割合の人が亡くなる
日本は他の先進国に比べて人口当たりの集中医療体制が貧弱です ところが1980年代初頭のタケダのベンザエースの宣伝で流れが変わります
自然免疫が外敵と戦っている段階では、特に症状はありません いわゆる「血清療法」です
最初に戦う自然免疫は、加齢とともに弱体化します コロナがなかなか収束しません
かといってじゃあ何も追求も対策も一切せんでええのか??考えたらあかんのか??と言ったらそれも違うと思うし そのためアレルギーなど、副反応が心配な場合はワクチン接種しないという選択もできます
現在、さまざまな人々が「どのようにして日常性を回復するか」という論点で議論を重ねていますが、そもそも私たちは「過去の完全な回復」などを望んでいるのでしょうか? 読者のみなさんもご存じの通り、現在コロナによるパンデミックは猖獗(しょうけつ)をきわめており、その収束がいつごろになるのか、そもそも果たして根治的な収束が起こり得るのかについて、さまざまな議論が交わされています 免疫はがん細胞や細菌のような「サイズの大きな敵」は苦手です
また、この5人が感染したのに隔離しなかった場合、それ以外の 免疫を持たない 人たちにもうつしてしまい、さらにその人たちも他の人たちに次々にうつしてしまい、新型コロナが好き勝手に増えていくことになるのです この変化をどのようにして乗り切っていくのか、私たちはこれから長い時間をかけて議論しなければならないわけですが、その議論の大前提として、あらためて確認しておかなければならない重大な論点があります
そうすれば集団免疫が早く獲得できて、ウイルスの勢いを封じ込めることができます ちなみに新型コロナ対策における世界での評価は日本は2番目に高いみたいですよ
55