奥山 佳恵 アンチ。 奥山佳恵、長男に作った最後の弁当を公開「愛情のやりとり」 (2021年2月16日)

奥山佳恵さんのブログを拝見する限りでは、 昔の明るいイメージを彷彿とさせ、 頑張って楽しく生きておられるのだと 感じさせられます。

誰もが過ごしやすい環境を作っていこうと国が決めているけど、なぜ小学生の時から通常の学級、特別支援学級、特別支援学校と区別がつけられているのだろうか」と考えているようです。

ここで、周知しておかなければならない法案 について少し解説します。

小学校の通常学級か、小学校の特別支援学級か、あるいは特別支援学校か。

ダウン症児は、普通級で問題行動を起こすのではないかという意識が根強く残っていますが、間違いです。

見た目が若く見える分、ついウッカリ、親である私たちが手を出してしまっていることに最近気がついた。

そうだった。

先日、最終回を迎えた連続ドラマ『コウノドリ』( TBS系)では、第 10回と最終回にダウン症児を育てる母親の役として出演している。

その頃の奥山佳恵さんの印象は 明るい中にも勝ち気で芯の強さを感じ、 その勝ち気な発言は今でも記憶に残っています。

できないなら誰かに「お願い」したらいい。

この奥山のブログに対し、「よくぞ物申して下さった!」「さすがに前日に連絡っていうのは非常識ですよね」といったコメントが集まっているものの、ネット上には「誰の為?卒園する子どもの為。 能力別に分けられた場を否定する気持ちは全くないし、私たちもいずれ選ぶ可能性もある。 分かりやすさは暮らしやすさ。 「できない」ことは悪いことではなく、世の中には多様な人間がいるということ、「人の手」が必要な人もいるということを地域でともに暮らす子どもたちに知ってもらい、ともに育ち合ってもらいたかったから。 美しい緑の山々、思わず長男と横並びで寝転んで眺めた満天の星。 事の発端となったのは、奥山が25日に更新したブログ。 これも1年生のときに普通級に行ったからです。 奥山佳恵が次男を通常学級へ 奥山佳恵さんがダウン症の次男を通常学級へ 就学することに決めたとのニュースは記憶に新しい。
53