ピサ の 斜 塔。 ピサの斜塔

この工事中にも傾きは増し、第7層まで建設されたところで再び工事は中止された。

6トンにもなることを考えると、傾斜悪化の懸念は納得出来ます。

結果的に神様への信仰心は、傾いた鐘楼で表現されることになってしまいました。

そして6月16日、10年間にわたる作業が終了し公開は再開された。

99度に是正されている。

ロマネスク様式を代表する建物のひとつで、美しいアーチが幾重にも重なるファサードは壮観のひとことです。

ココの目玉は、「東洋のピサの斜塔」。

63 85