やりすぎ都市伝説 コロナ収束。 【話題】 ミスター都市伝説・関暁夫 「コロナがいつ収束するのか? はっきり言うと〇〇〇まで終わらないから!」 [影のたけし軍団ρ★]

中でも番組の顔であるMr. 都市伝説"関暁夫は、コロナウイルスによって変化する「私たちの未来」を予言する! これに先駆け、15年間の珠玉の都市伝説をお届けした前回2020年6月25日(木)放送「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 緊急SP 2020」から、関暁夫の今見ておくべき都市伝説をプレイバック! 新型コロナウイルスの影響で、今、世界は変革の刻を迎えている それとも家達の怨念が…… 中止に追い込むのか 信じるか信じないかはあなた次第です」と結んだ
激化するワクチン開発競争に潜む各国の思惑 新型コロナウイルスの猛威は世界中へ広がり、今も拡大し続けている 二つのビルのうち、一棟の中腹が破壊される様子が描かれている
ロシアは国内で開発されたワクチン、スプートニクVを認可したが、臨床試験が十分な段階に至る前に認可したことが議論を呼んでいる 3月末にコロナに感染したことが判明した同国のチャールズ皇太子が4月の頭には回復していた例を挙げ、その理由として、「すでに 治療薬を 手に入れてたのかもしれない」と推測
そのためにも善悪二元論を超え、 他人を誹謗中傷することなく心穏やかに波動を高くあるよう心がけることが大切といいます 「これを選別と取るのか、区別と取るのかは自由だけど
02%、1万人に対して2人しか入れないんだよ オリエンタルラジオ・中田敦彦だ
「Subliminals(サブリミナル)」というカードは、アイスクリームの絵の上に、チョコレートで「SEX」という文字が書かれている バラバラの紙を再び並べ直す
このカードについて関は、「ウイルスの研究所が何かしらの爆発を起こしたことを、暗に示しているかもしれないんだよね」と語る そして今回、同氏が設立したコロナ治療薬を開発するための団体が、イギリス政府と一緒にその薬を作っていると暴露
このままリモートやVRが進化していったその先に起こる現象は、「脱東京」 家達は政治家になって名を残そうとしたそうです
20ドル紙幣だけではない。 「ウイルスから逃げる時代から、ワクチン非接種者から逃げる時代に変わっていくのも、もう見えてきてるよね」 コロナ禍で進むパラダイムシフト コロナによって訪れた価値観の変化で、大きく変わったのはコミュニケーションだろう。 ピーが入っていない放送されているところでも怖い情報なのに、 ピーが入ってテレビで放送できないってどれほど怖い情報が話されたのでしょうか。 このようにシステムが全部切り替わってきている今、『対応できない』と言っていたら、優秀な人ほどそのコミュニティーから抜けていく。 新型コロナウイルスの影響により、日本のみならず、世界各地で様々なイベントが中止。 「悪魔の疫病」というカードだ。 また、関は「今いちばん大切なのはコロナ報道が過熱するその裏で、世界情勢がどう動いているかを知るべき」と語り、コロナショックの裏側で各国の軍事行動が活発化していると主張して、「第三次世界大戦」の可能性も匂わせる展開も。 いつもアメリカが凄く強いイメージですが、イギリスも色々行っているんですね。 家達の死後、彼が住んでいた広大な敷地は国によって買収されてしまう。 実は、この不測の事態を予期していた人物がいる。
96
カードに描かれたイラストや説明が、後の大事件を予言しているといわれ、注目されている。 千駄ヶ谷は、東京オリンピックのメイン会場・新国立競技場がある場所で、最後に中田は「 千駄ヶ谷は すべての夢を奪われた家達の住んでいた場所。 まだ幼いため、慶喜へと将軍の座を渡し、成長した後に継ごうとしていた。 この話が現実にならないことを願いたい。 未だにこんなのに流される人いたらびっくりぽんだわ」とツッコミも。 関が取り出したのは、ごく普通の紙。 さらに、関は「この事態を数年前から予言していた人物がいる」とし、マイクロソフトの創設者・ビル・ゲイツ氏の名を挙げた。 3月末にコロナに感染したことが判明した同国のチャールズ皇太子が4月の頭には回復していた例を挙げ、 その理由として、「すでに 治療薬を 手に入れてたのかもしれない」と推測。 事実、イギリスの研究チームが2030年までにほぼ100%の確率で氷河期が到来すると発表している。 リモートで仕事ができる時代になってきて、東京に執着せずにどこででも仕事ができるということ。
42