検査薬 陰性。 【体験談】妊娠検査薬でフライング検査、陰性から陽性になる可能性はある!?

以上のことをまとめてみますと、検査で陽性と判断された場合でも、真陽性に加えて偽陽性が含まれるということを理解して欲しいと思います。

しかし、妊娠検査薬の使用可能日も、メーカーによって相違があるので、使用可能日は必ず説明書を確認しましょう。

また、医師に聞きたい質問があれば、まとめておくのも良いでしょう。

(2)尿が薄まっている場合 水分をたくさん摂った後の尿は薄まってしまい、hCG濃度も薄まります。

また、通常の妊娠検査薬に比べ測定の精度が高く、水分を多く摂取して濃度が薄まった尿でもしっかりと反応します。

実際におなかが大きくなる人もいますが、hCGは分泌されていないため、妊娠検査薬が陽性になることはありません。

多胎妊娠の場合は、hCGは単胎妊娠と比べて多く出ます。

反応の色が薄い場合は、以下のような可能性が考えられます。 再検査をするのであれば最低でも3日あけてリトライしてみて下さい。 そこでも陰性の場合は、体調確認のために病院を受診しましょう。 また、PCR法という検査法が持つ特徴(欠点といえるかもしれません)として、サンプルにある程度のウイルス量がなければ検査で陽性を示さないことが挙げられます。 薄まっておらず確実な検査をできる朝一番の尿で検査をすることをおすすめします。 また、規定の計測時間に陰性反応だった妊娠検査薬が翌日陽性に変わっていることもあります。