加味 帰 脾 湯。 加味帰脾湯

食欲低下や胃腸障害が目立つ不安障害や軽症うつ病• これは、煎じ薬を濃縮乾燥させたもので、そのままお湯に溶かすだけで飲めます(一部の専門外来では、生薬のまま調合することも)。

このように、五臓の「脾」「心」が同時に弱っている状態を「心脾両虚」といいます。

さらに、より衰弱して熱っ齢、人にも使えるように、柴胡・牡丹皮・山楯子が加味され、日本人に合った加味帰脾湯が生まれました。

「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状です。

証とは、患者さんの体格や体質、身体の抵抗力やバランスの崩れ方などになります。

用法・用量 次の量を1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。

木香(モッコウ)• 抑肝散加陳皮半夏 疳が高ぶってイライラしているために、興奮が収まらず、眠りにつけない。