音階 を あらわす ドレミファ は 何 語。 「ドレミファソラシド」の音階 開発したのは実はピタゴラス

91
そして、ドイツ語では C D E F G A H C(ツェー、デー、エー、エフ、ゲー、アー、ハー、ツェー) と言います 日本でのはではドイツ式、ではアメリカ式、学校教育や放送では日本式が主に使われる
(これがいわゆる「移動ド」と呼ばれる考え方です 「ドレミファの起原」 階名である「ドレミ」は、グイード・ダレッツォ(イタリア:990年頃生まれ)が「聖ヨハネの夕べの祈り」の賛歌(Hymunus)の曲の各節の頭の音が1音ずつ順に上がっていくことを利用して、その最初の言葉を音を示す名前に利用したものとされています
まず彼は、音を出す「弦」とその長さに注目します ちなみに、が「キング・オブ・ハイC」と呼ばれていたが、「高いA」や「高いC」という言い方は古典声楽においては一般に特定の音域を指して使われる表現であり、いわゆるオクターヴ表現ではない
, , , , , , , ,• 英語でムジカは「ミュージック」、ハルモニアは「ハーモニー」だ 同じ高さの音が楽譜の書き方によっては異なる音名となる場合がある
ド=AにしてしまえばキレイにABC順で A-B-C-D-E-F-Gになるし、同じくド=イにしてしまえばもっとわかりやすかったはずなのに また、オクターヴを示す言葉を添える場合もある
このこともあってか、現在では、日本でも日本語式より国際式の方が一般的に使われている 冒頭もお伝えしたとおり、コードはそのほとんどが特定の音階に基づいて作られます
1 28