両面 宿 儺 実在。 呪術廻戦にも登場「両面宿儺」石像を特別公開 悪のイメージ覆すゆるい雰囲気

65
4 巨勢斐太臣 ( 巨勢 田臣 ) 巨勢雄柄宿祢の子孫であるが、この氏は武内宿祢後裔ではなく、北九州に起こった天孫族の宇佐国造・筑紫国造一族の流れだとみられる。 この領域展開は、引き込んだ相手に無限回の知覚・伝達を強制し、行動不能にしてしまいます。 これは宿儺の腕が4本あるためです。 こうして件のミイラ、つまり リョウメンスクナが生まれた。 円空が仏像を刻する熱情の中で、心をこめて両面宿儺を刻んだのも、こうした土地感情に 共感してのことにちがいない」(注3) 両面宿儺伝説に対して、谷川・岡部各氏は一応は常識的な線にそって解釈しておられる。 縄文中期、長野県に人口が集中 していた頃の「位山」は乗鞍岳で、その頃、統合の祭りを行っていたのは『日本書紀』に 一度しか登場しない謎の女神・菊理媛神であった。 土岐郡の開発者たる礪杵氏は、三野本巣国造の同族であったとみられる。 天皇に逆らった存在。