ファースト ラブ ネタバレ。 映画『ファーストラヴ』のあらすじを徹底ネタバレ解説!タイトルの持つ意味が原作とは異なる?

それ故に本作を見終わると、もっと環菜が早く「ファーストラヴ」に出会えていたら、あんなことにはならなかぅったのにというやりきれなさにも似た感情を抱いてしまいます。 そのうち迦葉は由紀にキスしふたりはベッドへ。 迦葉は実の母親が入院しても見舞いも行かず、危篤状態になってようやく顔を出す。 迦葉の母には自分と同じ右肩にアザがある。 裁判後、由紀は環菜の母親の腕に環菜以上の酷い傷があることに気がつきました。 探偵小説でありながら、探偵が対象を監視しているうちに、その対象が自分なのではないかと錯覚してくるという典型的なポストモダン小説とされるこの作品を思わせる要素が多かったのです。
69
「あなたしか感じられない気持ちを、あなたが話さずに誰が話すの? 誰にもわかってもらえないまま、何年も何年も刑務所にいるなんて、おかしいでしょ! 本当の環菜さんがかわいそうでしょ!」 本当に、本当に共感しかない 環菜は控訴せず判決を受け入れる
しかし、彼は彼女を支えられるだけの勇気もなく、同時にそうした愛情を他の男たちと同様に性欲が上回ってしまったがために、彼女にとって大きなトラウマになってしまったのです 由紀が望むように本心を言っているフリをしている可能性はないのか?そんな疑問も浮かびます
彼女は、トイレで倒れていた父であり画家の聖山那雄人(板尾創路)を殺した容疑で逮捕され、大きくメディアで報じられました 嫉妬もするしヤキモチもやく、ただの男だと
「彼女の奴隷だった」と週刊誌に告白記事を出す 「本当に好きになったひとと、付き合ったことある?」と由紀が聞くと、環菜は「ゆうじくん」という名の人物をあげます
本当の愛を知った今だから言える言葉です ある日、由紀は出版社から「美人女子大生の父親刺殺事件」のルポの執筆依頼を受ける
90