北京 オリンピック ボイコット。 北京五輪ボイコット論に「すれば報復」とけん制|テレ朝news

国際社会の批判が高まる中国の人権問題 中国・武漢発の新型コロナウイルスの感染が再拡大し、世界各地で猛威を振るう中、英国と豪州を中心に、2022年北京冬季五輪をボイコットする動きが水面下で進んでいる。

オーストラリア戦略政策研究所(Australian Strategic Policy Institute,ASPI)9月の最新調査によると、中国共産党政権は 2017年以降、新疆で380カ所の収容所を新設したという。

それだけにボイコットは北京を痛撃することになるが、逆に、それ故に、北米と欧州の選手に犠牲を強いるボイコットを実現することは至難と言えよう。

ラーブ外相は「一般論としては、スポーツと外交・政治は分離しなければならないと考えるが、それが不可能な場合もある」と答え、北京五輪「不参加」の可能性を示唆した。

あなたはまだ国連なのか? あなたが国連なら、まだいい。

9月9日、160以上の人権団体が国際オリンピック委員会 IOC のトーマス・バッハ会長に書簡を送り、北京に2022年冬季オリンピックを開催する権利を与えた間違いを正すよう委員会に呼びかけました。

6月に日米欧の16カ国の議員らが結成した世界的な議員連盟、「対中政策に関する列国議会連盟」の初代議長で保守党の元党首、イアン・ダンカン・スミス議員も8月、英国政府が国際オリンピック委員会(IOC)に中国から2022年五輪開催権を「はく奪」するか、「公式代表者の参加禁止」を要請すべきだと提案している。

この問題とは関係なく、さまざまな差別を許さないというオリンピズムの精神は大事にしていきたい」と述べました。

ラーブ外相の呼びかけに真っ先に応じたのは、コロナ感染経路の独立機関による調査を主張したことに端を発して中国の経済制裁を受け、対中関係が「過去最悪」となっている英連邦の兄弟国、豪州だった。

しかし、それ以上の出来事は起きなかった。

72

北京五輪ボイコットされるかもに対する意見は? 一方で、中国は強く不快感を表して反発しています。

しかし、トランプ大統領は常に中国(共)にその行動に対して責任を負わせている。

それどころから、中国の人権侵害の非難に関して。

IOCの最古参委員のディック・パウンド氏が「東京五輪が中止になったら北京冬季五輪も開催困難」との見通しを示すが、英豪のボイコットの動き次第では今後、北京冬季五輪の開催はどうなるのか、日本も無関係ではいられなくなるかもしれない。

米国からの呼びかけで、日米間でも協議することになりそうだ。

もし国連でなければ、国連に対する世界の見方はますます明確になるだろう」 民主活動家の魏京生(ぎ・きょうせい)氏は、国際社会は現在、人権問題を巡って中共に対して再び圧力を加えているが、これはトランプ大統領の対中政策と直接的な関係があると考えています。

オリンピック選手を政治の道具に使うことなどは、あってはならないことである等との非難も続出しているのも事実です。

4月2日付のワシントン・ポスト紙の社説は、その一つの方策として、スポーツ選手の参加拒否という形のボイコットではなく、最高水準のスポンサー・プログラムであるOlympic Partner Programme に名を連ねる企業(15の企業が名を連ねるがブリジストン、パナソニック、トヨタが含まれている)がこれを撤回し、資金面での協力を止めることを主張している。

70