パニック 障害 薬。 パニック障害で使われる抗不安薬

4
ベンゾジアゼピン系セロトニンを高めるための日常生活における工夫 SSRIによる治療の他にも、 日常生活の中でセロトニンが高まるような工夫を行うことも効果的です。 自己判断で薬を中断すると、かえって症状を悪化させかねません。 この他、柴胡加竜骨牡蛎湯が適するような症状があり、やや体力や気力が低下している場合などに対して効果が期待できる柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)、動悸・不安・緊張や発汗があるような症状に効果が期待できる桂枝加竜骨牡蠣湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)、動悸や息苦しさに加えて体のほてりや不眠などがあるような症状に効果が期待できる黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)などの漢方薬が、不安障害に対して使われることがあります。 。 パニック障害の薬を止めて約3年が経ちました。
89