伏黒 領域 展開。 【呪術廻戦23話感想(ネタバレ)】伏黒領域展開の考察まとめ!『起首雷同ー弐ー』

特に、特殊な効果を持たないシン・陰流の簡易領域は、術式が必要な領域展開と違い術式を持たない術師でも使用できるため、領域展開による対処法よりも実行はしやすいものと思われる。

次回へ続く. 第23話にてはじめて生得領域を具現化した伏黒ですが、まだ不完全であり厳密には伏黒はまだ領域展開を会得してはいません。

犠牲者の共通点を辿った結果、彼らが同じ中学出身ということが判明し、さらにそこが伏黒の母校であると分かります。

更には、あらゆる敵の攻撃を受けても治癒したのち、その攻撃の耐性と敵に有効な対抗手段を体得します。

単行本7巻は伏黒恵の領域展開だけでなく、 呪術廻戦において重要なキャラクターが登場する魅力的な巻とも言えるでしょう。

呪術廻戦24話展開予想 次回は両面宿儺の指の行方と壊相・血塗兄弟に注目ですね。

あの背中は一体何を意味するのでしょうか。

足下の影から式神「蝦蟇」を呼び出し相手を拘束したり影で自身の分身を作り相手を攪乱、また相手の影から現れ式神と共に背後から不意打ちと、影を操る領域なので伏黒も様々な形で応用して戦っています。

五条が「はーい、また僕の勝ちー」「珍しいよね、恵が僕に稽古頼むなんて」「悠仁に追い越されて焦った?」と言うと、伏黒は「まぁ、背に腹は代えられませんから」と返す。

術式一覧• 満象(ばんしょう) 象の式神で、紋章は辺津鏡(へつかがみ)です。

10 75