イソフラボン 摂り すぎ。 【保健師が解説!】イソフラボンの男性への効果って?

98

豆腐の食べ過ぎには注意しなければなりません。

筋肉が落ちると、基礎代謝が低下して、太りやすい体質になってしまいます。

また、大豆イソフラボンが持つ抗酸化力は、女性が美しく健康的に過ごすパワーに。

目の下のたるみやしわが気になる30~40歳代後半の健康な日本人女性26名を2つのグループに分け、1つのグループに大豆イソフラボンを1日40 mg、3か月間摂取させたところ、大豆イソフラボンを摂取していないグループと比較して、肌の弾力の改善と、しわ面積の減少が確認されました。

しかし、豆腐は大豆製品です。

5