乙女 解剖 歌詞。 乙女解剖 歌詞 DECO*27( デコ・ニーナ ) ※ milfordsoundhelicopters.co.nz

「乙女」の気持ちとは? こんばんは、今平気かな? 特に言いたいこともないんだけど もうあれやこれや浮かぶ「いいな」 君が居なくちゃどれでもないや 仮面同士でイチャついてら 「こんばんは、今平気かな?特に言いたいこともないんだけど」は、女の子が恋心をいだいている男性へ電話で話をするとことです。

このタイミング流れる信号機に注目。 この「寸寸」という言葉も、「解剖」をイメージさせます。 ひとりで歩く女の子は「君が居なくちゃどれでもいい」と、なげやりな感情になっています。 骨を抜くとは、異性間で 相手の魅力により言いなりになる様子。 心がボロボロになった主人公は 泪を流して彼に助け SOS を求めたい。 でも、心の中では、拒んでしまったらまた一人になってしまう、離れたくないと思っているのでしょう。 自らの命を絶ってしまいます。 つまり、主人公の心模様 を表しているのです。 彼と一緒に自分の心を『解剖』したい、彼に『解剖』されたい、自分でもわからないこの感情を、一緒に分かり合いたいのでしょう。
24

寸寸 恋と表記せず 気持ち vs 退屈はPK戦 そうなにもかもに迷子がおり 泪流してSOSを 半目開きで娘娘する 「寸寸」は物を細かくずたずたにすることです。

恋をすることがこんなにも苦しいのなら、いっそ彼に殺してほしい、そんな感情も抱いているのかもしれません。

もしくは 彼のすべてを知った 解剖した から思い残すことが なくなったのかも知れません。

「この好きから逃げたいな」 と言う主人公の情景と重なります。

この歌詞のフレーズから読み取れることは、女の子には学校や家、どこにも居場所がなくて、心が迷子になっているということです。