レブル 250 カスタム パーツ。 レブル250 カスタムまとめ

タンデムシートを外して装着します。

そのスタイルや扱いやすさ、走る楽しさを味わえるなど、その要因は多数考えられるマシンである。

2000キロ走ったノーマルサ. OVER Racingのレブル250カスタムを動画でチェック!. 長時間のライディングで疲労を感じたことがあれば、是非試して頂きたい商品です。

私はデグナー製の9リットルサドルバッグを持っていますが、この容量でも身の回りの荷物は入るので日帰りツーリングには必要十分と言えるでしょう。

ミッド(ミドル:中間)コントロールからフォワ(フォワード:前)へ移動できるという事ですね! 上の参考画像は大体の移動位置を示したもので、赤丸がノーマルで黄丸がカスタム後の位置になります。

それを軽減するためのフェアリングを設置。

今度のレブルは、ナローなスタイルが格好いい! 今までにないアメリカンクルーザーの雰囲気が受けているようです。

39
バッグの高さは20cmに抑えられています。 オーソドックスな形のノーマルマフラーに対し「SSメガホン コンプリートマフラー」はぐっとスリムでコンパクト。 レブルを前にして、ずいぶんとアレコレ試して悩んだ結果この形になったので、担当としてはイチ押しアイテムとのこと。 スタイルが変わるとかなり見た目が変わり、走りも変わるので見た目が気に入るのであれば 是非やってみたいカスタムの筆頭ですね! 「アメリカンスタイル飽きたなぁ…」と思っている時にもおすすめ。 2017年に登場し、2020年モデルでマイナーチェンジを受け、さらに人気が高まっている。 ゼロデザインワークスのメーター移設キットは少ないパーツ点数で、分かりやすく移設が出来るのでハンドル周りのカスタムついでにやるにはピッタリ! 参考画像を見てもらえば分かる通り、移設後の見た目の十分にかっこいいんですよね! 足回りのカスタムパーツ 足回りのカスタムパーツは見た目ももちろんですがツーリング時にその恩恵を感じる事が出来る部分でもあります。 という事でそんなめんどくさい気持ちに沿える 「レブル250」のカスタムパーツを紹介していくんですね! ハンドル周りのカスタム まずはハンドル周りからカスタムパーツを紹介していきます。 純正バンパーはそのままに、少し付け足すことでカスタム感を確実にアップしてくれます。 使用時の安全のため乾燥時は全く滑りません。
43
一般的に静かと思います。 タンデムシートを取り外して簡単に装着できます。 通常の取り付け方法でも、デザインがあまり見ない形をしており 結構オシャレで可愛らしい印象ですよね! 通常リアキャリアは何も積載していない時は見た目の邪魔をしがちなパーツですが、このリアキャリアなら積載無しでも付けていたいような気がします。 オーバーレーシング:フォワードコントロールステップ アメリカンらしいスタイリング、通称「フォワコン」がオーバーレーシングから登場しています。 自分のレブルライフスタイルに合わせて、どのパーツを導入するか考えよう。 高強度の「田の字断面」楕円パイプを採用し、ネオクラシカルな雰囲気を演出しつつ軽量化にも貢献する。 そのままでもカッコいいですが、通勤や通学時、さらにツーリング時には荷物もいろいろ積みたいのがホントのところ。 雰囲気がガラッと変わり、いかにもアメリカンスタイルな雰囲気になっています! エッジの効いたライトカバーが「コワモテ感」を漂わせてます笑。 気になる部分を見つけて参考にしてみてくださいね! フロント回りのカスタムパーツ11選 フロント回りのカスタムパーツはライダーの目につく部分ということで結構好みが出る部分となっています。 そんなときはフロントリップ・ハーフスポイラーカスタムがおすすめ。
37