ユチョン 現在。 東方神起とJYJの格差が決定的に――「明暗」の主犯はユチョン

こうした世間からの批判について、ケーブルテレビの芸能情報番組『風の噂で聞いたでショー(原題)』に出演したユチョンは釈明を行った。 覚せい剤の他、使用が禁止されている薬物も使用していたとのこと! 実はこれまでも薬物使用疑惑で立件されていたファンハナですが、なぜか不起訴になっており… 財力でもみ消したのでは?というウワサも流れていました。 すごく怖かった。 このような状況を受け、私たちは長い間考えた結果、次のように決めることにしました。 キャバクラといっても日本とは異なり、最終的に女性へ金銭などを提供して交渉がまとまれば、性行為も可能というサービス内容です」 刑事事件として捜査が行われたものの、基本的には「冤罪」が立証されたというのが、韓国世論の理解だ。 また、「東方神起」を続けていくことこそ、「東方神起」を待ち続け応援してくださる ファンの皆さんに対する最善の恩返しだと思います。 韓国新人賞を獲得し、一躍人気を欲しいままにしたものの、BoAを育てた、SMEのイ・スマン氏の意向で、アジアを制覇を目的に東方神起を日本でまずは成功させるため、生活の拠点を日本にも置いて、日本語を習い、ボイストレーニングを重ね、翌年、2005年にシングル「Stay With Me Tonight」でJ-POPシーンの一新人グループとして日本正式デビューを果たす。
44