バキ ドリアン。 神心会を敵に回したドリアン『バキ』7巻【ネタバレ注意】

最大トーナメントでは1回戦のロジャー・ハーロン、2回戦の鎬昴昇、共に格の違いを見せつけ圧勝した。

強者を見聞することが何よりも大好きで、その渇仰のためなら自らの命さえも惜しまない。

しかし、上述で当人が語った様に、白林寺が認める程の超越した技量を持ちながら、 勝ったことがないという複雑な状況になっている。

詳細はリンク先を参照。

それでもなお三度目の戦いに挑もうとするが、二敗目で気を失っている間に保存食として丁寧に扱われていた(=完全に生殺与奪を握られていた)ことを刃牙に告げられて、屈辱と完敗を認める。

その後、治療に間に合ったらしく九死に一生を得る。

その後は本部の下で再修業を行なっているようである。

ストライダムとは旧知の間柄で、彼から尊敬を受ける。

自身も並の格闘家を歯牙にも掛けない程の強さを持つが、勇次郎に対しては冷や汗を流したり愛想笑いをしたりする場面が多い。

ラベルト・ゲラン(アニメ版:ロバート・ゲラン) 【】 3階級制覇を果たしたプロボクサー。 ちなみに、体重もリハビリ当初より20キロ近く増えたらしいですw 「これってリハビリって言えますかね?」 医者が聞いてくる。 バキの擂台賽編で、ドリアン海王として出てきています。 が、幼い息子のフリオのみは理解を示しており、サマンも彼に対してのみ、勇次郎に関する事実を詳細に話している。 ズール 声 - 川村拓央 【】 ブラジルに移った強靭な肉体を持つ黒人奴隷の子孫(アニメではアフリカの部族の戦士)であり、野生的な闘争本能をむき出しにして戦う。 その後、懲罰房に入れられていた時に刃牙とオリバが戦いを始め、その巻き添えで彼の房の壁が壊され、2人の戦いを目撃した彼は、刃牙が正面からの殴り合いを挑もうとするのを見て、自らがよく知るボクシングの階級制度を理由に無謀だと訴える。 身長195cm、体重139kg。 しかし勇次郎に関節技を掛けられて負ける。 鎬紅葉 を参照。
44
の襲撃を受け重傷を負う。 梅沢 声 - (TVアニメ第2作版) 都内の裏路地に診療所を構える外科医。 そしてそのパワーをもって「理合」が嘘っぱちであることを証明するために道場破りを続けていたが、ある時、本物の理を使う老武術家に手も足も出ずに敗れる。 その摂取カロリーは1日10万カロリーで、本人曰く内に秘めている筋肉を押し込める為に毎秒莫大なカロリーを消費しており、その圧縮された筋肉の全てが開放されれば遙か天まで届く莫大量だという。 その後、ガーレンの控え室で制裁を受けた状態で再登場。
73