年金 所得税。 年金とパート収入で税金はどのようにかかる?

〈公的年金等〉• 注2:公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が1,000万円以下である場合の表です。 各種所得控除については、下記を参考にしてください 控除の対象 控除額 社会保険料控除 本人や家族の健康・雇用保険、公的年金・・などの社会保険料を支払った場合 支払った全額 小規模企業共済 等掛金控除 などの掛金を支払った場合 支払った全額 生命保険料控除 本人や家族の生命保険料を支払った場合 生命保険:年間5万円まで :年間5万円まで 合計で、最大10万円まで 地震保険料控除 及び、長期損害保険料控除 本人や家族、自宅や家財の地震保険料を支払った場合 あるいは、平成18年12月31日までに支払い済みの長期損害保険がある場合 支払った金額で最高5万円。 また配偶者を扶養している場合、定額部分がもらえる人は「加給年金」がもらえる場合がありますが、この加給年金は「基本月額」には含めません。 ただし、 絶対に税金がかかるという訳ではなく、ある一定金額以上の所得 年金を含めた総所得 がある方にのみ、税金がかかる仕組みになっています。 1.と2.でそれぞれ基本月額と総報酬月額相当額を計算しましたが、それらを合計すると53万円(10万円+43万円)になり、46万円を超えました。
21 72