時点 意味。 「さしあたって」の意味と使い方・敬語表現・ビジネスでの例文

基本的に、何かの目的に向かって進めていることが、現在どの様な過程にあるのかを表す時の表現です。

その時間は、誰でも持っている共通の時空ではなく、ある特定のものごとに対してのみ、それが始まってから流れている時間のことを言います。

この場合は、「時点」と同じように時間の中のある一点をさし示しますね。

ものごとの過程を 「区切り」の集りと捉え、一つの区切りごとに順番に進めていく時に使われます。

一方、「時点」は、その意味を補足する修飾語を伴うことで、数値化できなくとも何らかの行為や規準によって定まる一点を表わすことができます。

「次点」は意味が違う同音異義語 「時点」と同じ読み方の「次点(じてん)」は、意味は全く異なる同音異義語です。

34
近い過去や未来を含めてもいう。 この点が「時点」と「現在」の大きな違いといえるでしょう。 (TBS)台風のニュースで「きのう午後5時時点の水位は」という表現は使えると思う。 「現時点」は 「ある流れている時間の中にある一瞬や一点のこと」です。 (3つの空間次元に伴い)現実の事象を特定する第四の座標 の意• これらはチェックの段階で、 「午後2時 現在 」 「きのう 現在 」(あるいは「 今月11日現在 」など) と直していますが、どうも若いスタッフの中には、 「『きのう現在』というと、『きのう』なのか『現在』(つまり『きょう』)なのかが分からない」 という考え方があるようです。 It is a kind of metaphor and even Japanese doesn't consider the meaning of 「 時点」strictly but such construction is underlying. 「現段階」と「現時点」の違い! 連続する時間の中のある一点」や、「ちょうどよい時」という意味です。 「現時点」の意味と使い方について紹介します。
97